新しい資産運用の形。仮想通貨

最近注目を浴びている資産運用の方法として「仮想通貨」というものがあります。
皆さんが目にするものは億り人と言われる大成功か、ハッキングなどのもっともマイナスの部分だけかもしれません。
資産運用として考えたときに仮想通貨はどうなのかという部分について考えていきましょう。

仮想通貨による資産運用の方法

ビットコインなどを国内仮想通貨取引所で購入する

現在仮想通貨と呼ばれるものは1000種類2000種類存在すると言われています。
その中でも特に時価総額が高いものを基軸コインと呼びます。そして世界初の仮想通貨にしてダントツの時価総額を誇るコイン、それが皆さんご存知ビットコインです。
ビットコインの値段はドンドン上がってきました。2018年1月には落ちましたが、今後一般的に利用されるようになると考えるともっと価格が上がると考えている人もいます。
そんなビットコインを今のうちに集めておこうということですね。

ビットコインを購入する場合は国内最大手のビットフライヤーがオススメです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と特徴メリットデメリットを知りたい方はこちらの記事が分かりやすくまとまっています。

あまり知られていないコインを海外仮想通貨取引所で購入する

国内の取引所で購入できる仮想通貨は限られています。それは日本で仮想通貨取引所を運用するためには金融庁の許可が必要がだからです。
しかし海外の取引所ではそのような制限はないため、さらに多くのコインを購入することができます。
例えばBinance(バイナンス)と呼ばれる香港の取引所では200種類以上ものコインの取引が可能です。
こうしたコインを安いうちに購入して、価格が上がるのを待つという投資方法ですね。もちろん全く価格が上がらないどころか一気に落ちる場合もあるので注意してください。

ICOに参加する

仮想通貨で投資をする際にはICOという特殊な方法もあります。これはできたばかりのコインを先んじて購入する方法です。うまく行けば数百倍にも価値が跳ね上がりますが、価値がつかない場合は何の意味もありません。また詐欺のケースも多くあるので、よほど勉強しない限りはオススメしません。

仮想通貨投資は現状ではハイリスク・ハイリターン(まとめ)

他の資産運用方法と比べてビットコインなどの仮想通貨は最近注目され始めた方法です。法整備もされておらず、詐欺も多くあり、リスクは大きいと言えるでしょう。
ただ始まったばかりということは大きなリターンも期待できます。
ぜひとも運用方法の一つとして勉強してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です