確実に増やすならこれ。個人向け国債

「将来に向けて少しずつでもいいから資産運用を行っていきたい」
「でも資産が減ったりするのは不安」

老後や子育てなど、将来のことを考える際にはお金の問題が常につきまとってきます。
現在の給料では不安だなと考える方も多くいらっしゃるかもしれません。
銀行の金利も少ないし、資産運用を始めないとなと漠然と考えているかもしれませんね。
そんな方にまずオススメしたいのは、
少額での個人向け国債による運用です。

個人向け国債って何?

個人向け国債とは国が発行している債権を個人購入できる金融商品のことです。
国の株式のようなものですね。企業が発行している株式はもし万が一発行している企業が倒産してしまったら価値がなくなってしまいますが、国債は国が破綻しない限りは価値がなくなってしまうことはありません。

個人向け国債のメリット

国が保証しているから安全
個人向け国債は国が保障しています。考えようによっては銀行よりも安全とも言えます。人によっては日本国の財政赤字は凄いから、危険なんじゃないのと考える方もいらっしゃいますが、もし万が一国債の価値が暴落するような自体に陥ってしまった場合、銀行の経営の方が先に問題となるでしょう。

金利が上昇したときにも対応できる

個人向け国債には金利固定の3年満期型、5年満期型、変動金利の10年満期型というのもがあります。
特にこだわりがないようなら変動金利10年型をオススメいたします。
変動金利とは言っていますが、金利下限の0.05%より下がることはありません。
つまり景気が良くなってくれば金利があがるかもしれないということです。
預金のままでは金利はほとんどありませんが、個人向け国債変動金利10年のものを購入しておけば、将来的に金利が上がったときにも有効です。

一年間払ったら元本は返ってくる

金融商品というのは満期まで置いておかないと、元本割れしてしまうことがあります。
しかし個人向け国債に関しては最低でも一年間置いておけば、元本以上は戻ってくることになっています。その間に付与された利息に関しては割り引かれてしまうので、なるべく満期までおいておいた方がいいのですが、いざという時も対応できます。

個人向け国債を購入する際の注意点

個人向け国債は証券会社や銀行などの金融機関で1万円から購入可能です。
他の金融商品と違い、窓口購入する際に注意が必要です。
窓口で個人向け国債を購入する際に投資信託や保険などの別の商品の購入を勧められるかもしれません。
なぜなら投資信託などのほうが、金融機関が受け取れる手数料が多いからです。
ちょっとでも悩んだら、その場で決めることなく、資料をもらって帰り、今一度検討しましょう。

貯金するより優秀?個人向け国債(まとめ)

いかがだったでしょうか。個人向け国債は国が発行しているだけあって非常に安定的な運用が期待できます。
少額で確実に運用するならうってつけの方法かと思います。
ぜひともご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です