これだけは抑えよう少額から始める資産運用のポイント

「全然給料増えないな…」
「このままで将来大丈夫なのかな?」

そのような悩みを抱えていませんか?
実際、直近のサラリーマンの年収は国税庁の調査によって50万円ほど減少しているのは事実です。
特に20代30代の若い世代の給与の減少は更に顕著です。
国民年金に関しても十分な額が保証されているとは言い難く、将来に対しての不安は増大するばかりです。
ぜひとも皆さんには、少額からでも構いませんので、すぐにでも資産運用について勉強し、将来に対して十分な備えをしていただければと思います。
ここでは「少額で」「今から」始められる資産運用を行う際に注意するべきポイントをご紹介いたします。

少ない額での資産運用のポイント

リスクを理解する

貯金と違い、資産運用に関してはどのような方法を使っても資産が減少してしまうリスクがあるということを理解しましょう。
もし元本保証や資産が減ることは絶対にありませんという謳い文句の投資話があったのならば、詐欺の可能性を疑ったほうがいいかもしれません。

毎月の生活に無理のない範囲で

生活資金を投資に回してしまうと、日々の生活に無理が生じてしまいます。将来のために今の生活を犠牲にしてしまっては本末転倒です。毎月どれくらいの額なら投資に回すことができるのか把握して無理のない額を運用資金としましょう。

一気に大きく増やすのか、少しずつ確実に増やすのか

投資運用というものは、ハイリターンなものはハイリスク、ローリターンなものはローリスクです。何のために投資・運用を行っているのかをキチンと自分の中で確立させ、ブレない運用を心がけましょう。

リスクの許容範囲を設定する

資産運用は自分の資産が減ってしまう可能性があることは先にお伝えしました。
もう一つのポイントはもし下がってしまった場合に、どれくらいまで下がったら諦める(損切りする)のかということを決めておく必要があります。
そのためには「リスクを理解し」「生活に無理のない範囲」「運用の方向性」をキチンと考えておく必要があります。

投資運用を行わない選択も立派な投資(まとめ)

投資運用について考え始めるのであれば、早ければ早いほど有利です。
重要なのはあくまで「考える」ことです。
決して「始める」ということではありません。しっかり考えた結果行わないというのであれば、それも立派な選択です。
慌てて投資するのではなく、じっくり考えて自分にあった方法で資産運用を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です